<アイム・ホーム>(テレビ朝日系)
さえない木村拓哉「路線変更」大正解!相変わらず茶髪、ガングロ、上半身裸には違和感ありすぎだけど・・・

印刷

   単身赴任先で工場の爆発に巻き込まれて意識不明になり、ここ5年間の記憶を消失してしまう家路久(木村拓哉)が、手元に残された10本の鍵を手掛かりに失った過去を探すミステリー・ホームドラマである。原作は石坂啓の漫画「アイ'ム ホーム」(小学館)で、平成11年度第3回文化庁メディア芸術祭大賞を受賞している。脚本は「医龍」「コード・ブルー」の林宏司だ。

   木村拓哉はテレビ朝日の連ドラに初主演という。昨年、「宮本武蔵」でテレ朝のドラマに主演し、その仕事ぶりが気にいったとかいないとか。では、これまでキムタクが主演してきたTBSやフジテレビの仕事ぶりはお気に召さなかったということか。

   それはともかく、テレ朝の木曜よる9時といえば、「ドクターX~大門未知子」や「DOCTORS~最強の名医」など、ヒットドラマを輩出している縁起のいい枠だ。キムタクとテレビ朝日の相性はいかに。

田村正和も44歳で二枚目返上して役に幅

   ヒーローではないキムタクが新鮮といえば新鮮だ。とはいえ、見た目はあいかわらずの茶髪にガングロと、とても3か月間入院していた設定には見えない。初回では、高層マンションかホテルの窓辺で上半身裸ショットを披露するなどサービス満点で、妻や子どものために料理するシーンもあり、家庭人キムタクをアピールする。新境地開拓といったところか。

   キムタクも42歳。いつまでも恋愛ドラマをやるわけにはいかないのだろう。永遠の二枚目スター田村正和が「パパはニュースキャスター」で路線変更したのは44歳だった。その後は「ニューヨーク恋物語」など二枚目をやりつつ、「古畑任三郎」などコミカルな役柄にも挑戦するなど、役の幅が広がったことからみても、キムタクこの路線変更は今後の俳優人生を考えても大正解だ。

上戸彩の巨乳ぶりも見どころ

   肝心のドラマはというと、10本の鍵の秘密が1話ごとに解き明かされていくというストーリーで、家路が失われた過去の記憶をどんなふうに取り戻していくのか、現在の妻と子が仮面をつけたように見えるのはなぜかなど謎も多く、次回も見たくなること間違いなし。

   1話は香川照之、2話はココリコ田中直樹と、毎話ゲストが登場するのも楽しみだ。放送前の絶妙なタイミングで妊娠を発表した上戸彩がキムタクの妻・恵を演じているが、巷ではその上戸の巨乳ぶりがもっぱら話題だ。それも含めて、見どころの多いドラマなので、見ておいて損はない。(木曜よる9時~)

くろうさぎ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中