「近江県」に改名したい!滋賀県議会が本気で議論・・・県名変更なんてできるの?

印刷

   いま滋賀県で本気で県名変更の議論が行われている。先月(2015年4月)の県議会で、知名度の高い「近江県」への改名が提案され、県知事も「(改名の是非を)県民の皆様に問いかけていきたい」と話している。県名変更が実現する可能性はあるのか。

狙いは県のブランド力アップ

   番組コメンテーターの前田浩智(毎日新聞編集編成局次長)は「前例はなく、県名変更はなかなかハードルが高い」という。

他にやることが・・・

   手順としては、まず県名変更の法案を国会に提出し、衆参両院の賛成過半数を得なければならない。それに加え、住民投票で賛成過半数が必要になるという。このふたつをクリアすれば変更が認められるが、県の条文、看板などの書き換えなどに膨大な作業が必要になると予想される。

   司会の夏目三久「県のブランド力が低いからといって県名を変えるより、ほかにいろいろやることもあるのかなと思ってしまいますけど」

   前田「中身の充実が必要だと思うんですよね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中