中学校長なにやってんだ!夜道で女性の後つけてアパート侵入・・・「誘われた」

印刷

   電車を降りて若い女性をつけて行き、住居にまで入ろうとした男を捕まえてみたら、なんと現職の中学校の校長だった。盗撮だの買春だのとこのところ教師の猥褻犯罪が目立つ。

   住居侵入未遂の現行犯で逮捕されたのは、東京・台東区立駒形中学の校長の木島光二(59)だ。警察の調べに、「興味を持ってついていった」と容疑を認めており、きのう4月30日(2015年)に送検された。

生徒にも保護者にも評判良かった「穏やかでまじめな先生」

   28日夜、酒を飲んで帰宅途中だった木島は、東武伊勢崎線・竹ノ塚駅から20代の女性のあとを15分にわたってつけていき、女性が同じアパートに住む同僚の部屋に駆け込むと自分も部屋に入ろうとした。女性が悲鳴をあげたため逃走し、悲鳴を聞いた複数の少年が追いかけ、転んだところを取り押えて警察に突き出した。

タガが外れてる

   少年たちの話だと、酒の匂いがして酔っていることがわかったが、そのとき木島は、「あの女が誘ってきたんだ」と口走ったという。その後も「オレが悪いんだ。でもあの女が」と繰り返していた。女性は「ずっと(男が)ついてきた」と泣いていたという。

   木島は校長歴10年で、駒形中には2年前赴任した。着任の挨拶で「自分自身をよりよくチェンジするためにも、さまざまなことにチャレンジしていきたい」と話した。教育目標として、「心身ともに健全で高い志をもち、社会に貢献できる人間を育てる」をかかげていた。

   ご本人がその正反対とは困ったものだが、木島を知る人は「穏やかで大変まじめな方だから、びっくりした」という。保護者の評判もよかったというのだが、こうなってみると、卒業生は「哀しいですね」「ショックです」「酒でそうなっちゃうんなら、飲まないほうがいい。教育者として困る」と失望している。

お酒飲んでも乱れることはなかったが・・・

   司会の羽鳥慎一「校長ですからね」

   取材した飯村真一アナは「近隣の人とお酒を飲むこともあるが、乱れることはなかったということでした。むしろ寡黙なほうではあったといいます」と伝えた。

   羽鳥「いろいろ経て校長になるわけですから、ちゃんとしたところはクリアしてるはずだが、それとはまったく反対だったわけです」

   吉永みち子(作家)「身をもってこういうことをしてはいけないよと示した、反面教師にするしかないんでしょうが、何かタガが外れちゃったのか、人生変わっちゃった」

   羽鳥「魔が差したということかもしれないが、とんでもない話ですよ」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「『あの女が誘った』と完全に妄想に入ってる。それで部屋の中まで入っていったとは、さらに抑制がとれた可能性もありますね。少年たちのお手柄ですよ」

   教師による不祥事は下ネタがいちばん多いという調査があったような記憶があるが、そうした背景にまでは突っ込まなかった。文部科学相あたりは解析していると思うんだが。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中