安倍内閣「女性の活躍」お題目だけ!統一地方選でも「女候補を応援するな」男性議員が嫌がらせ

印刷

   統一地方選で当選した女性議員は2159人、14.2%だった。4年前が12.8%、その前が12.0%だから、この程度で増えたといえるのかどうか。衆議院の女性議員は9.5%で、OECD加盟国中最下位だ。これが日本の女性の政治進出の現状である。

自民党女性局長・三原じゅん子「女性候補者の応援に行きたくても行けない」

   高松市の市議選に立候補した太田安由美さん(34)は、実家の古書店を手伝いながら小学6年生の娘を育てるシングルマザーだ。市議になって同じ境遇の女性を支援したかった。だが、大きなカベが立ちはだかった。

   まず父の育治さんが反対した。この地域では政治は男のものだという意識が強い。女性が意見を言うと「ふう(体裁)が悪い。角が立つ」と言われる。父親は折れたが、次があった。学校の同窓生600人に呼びかけたのだが、返事は5通しかこなかった。長い付き合いの友人も政治には関わりたくないといった。

   「サーッと友だちが引いていく感じでした」という。告示の1か月前、チラシをもって1軒1軒歩いたが、ひどかった。「女のくせに」と目の前でチラシをポイと捨てられたこともある。「カベは厚くて高い、果てしない」

   選挙のスタッフはネットの呼びかけに応えてくれた人たちだった。「働く母親支援や子どもの貧困対策」を訴えて回る。帰宅はいつも深夜だが、寝入った娘が毎日書いてくれる手紙が支えだった。「がんばりすぎないように」「ムリしないこと」とあった。娘が「かっこいい」という母は、40人中8位で初の当選を果たした。

   自民党でも女性国会議員の応援がうまくいかなかった。富山県議で2期目を目指した奥野詠子さん(34)は、党の女性局に応援を求めたが、同じ選挙区の男性候補者の同意が必要だった。

   県連幹事長は「応援が来て1日張り付いてやられたら、浮動票をとられる。オレの票がなくなる」とあからさまだ。結局、応援は呼べず、奥野さんは当選したものの、前回より2000票近く減らした。

   自民党女性局長の三原じゅん子参院議員は「行きたくても行けない。もどかしいですよ」と話す。県議選では55人の女性候補のうち18人にしか応援を出せなかった。安倍内閣のうたい文句「女性の活躍」が聞いてあきれる。

   一方で、大阪府島本町(人口3万人)は定数14人の半数が女性だ。議場での質疑も活発だし、弁当代を9割カットしたり政務調査費の導入を見送ったりと、女性の視線が生きる。

   土台があった。大阪のベッドタウン化した30年前から、地域の母親たちとの意見交換会が続く。ボール遊びの場がほしい、通学路が狭いなど身近な話題が飛び出す。聞き役の戸田靖子さんも専業主婦の参加者だった。議員6年目。参加者は「意見を言ったら通るかもしれないという気持ち」「私たちが町を作っているんだと思った」と話す。選挙の投票率は常に全国平均を上回る。前回衆院選では、全国平均の52.66%に対して、島本町は63.28%だった。

スウェーデンではクオータ制「議員定数の4割は女性」

   女性の政治参加が最も進んでいるスウェーデンは、国会・地方議会の定数の4割が女性だ。「クオータ制」というのがある。中央、地方とも選挙は比例代表制で、政党は候補者名簿の順位を男女交互にしたりして、女性の当選率を高める。

   昨年、シグチューナ市の市議になったジョセフィン・フラッドさん(38)は、母の介護の体験から福祉施設の改善を政党に提言したのが認められ、候補者名簿に載った。「抵抗はなかった。若い頃から政治に関心があったし」

   2児の母で、酒の販売店で働きながらだが、議会のある日は法律に基づいて早退できる。議会は午後6時半からで、議員は全員ボランティア(報酬なし)である。さまざまな職種の男女が議論をする、その多様性が議会の命だと議長(これも女性)がいっていた。これぞ民主主義。

   上智大の三浦まり教授は「女性議員30%」が持論だ。「30%より少ないと、男性社会へ切り込むために女性も男性化せざるをえなくなってしまうんです。30%を超えるとより自由に発言できるようになります。国際的には30%は最低限」と話す。

   どうやら、事は女性議員の問題ではないようだ。政治とは何か、そのものではないか。これを日本が議論する日はくるのだろうか。政治家の顔を見ていると暗い気持ちになる。

ヤンヤン

*NHKクローズアップ現代(2015年4月30日放送「『政治を変えたい』女性たちの闘い」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中