2018年 7月 23日 (月)

ボクシング王座統一戦で前代未聞の訴訟!「パッキャオに騙された!6億円払え」

印刷

   アメリカ・ラスベガスで2日(2015年5月)に行われたボクシング世界ウエルター級王座統一戦で、メイウェザー選手(38)に敗れたパッキャオ選手(36)が6億円の損害賠償請求訴訟を起こされた。ファイトマネー300億円以上という世紀の一戦だったが、リングの外でも前代未聞の訴訟が持ち上がった。

   アナウンサーの木下康太郎によれば、訴えたのはラスベガスに住むマジシャンとホテルの従業員で、「パッキャオは深刻なけがをしており、闘いに重大な影響を与える可能性がわかっていた。われわれはその事実を知らないまま1500ドル(約18万円)のチケットを購入したり、100ドル(約1万2000円)の有料放送の契約をしたり、パッキャオの勝利に賭けて損害を受けた」として、500万ドル(約6億円)以上請求している。

試合後に泣き言「右手が痛かった」「3週間前に右肩を痛めていた」

   司会の小倉智昭「なんの事実を知らないままなの。けがをしていたの」

賭けた人にとっては・・・

   木下「実はパッキャオは試合終了後に、『右手が痛かったから左手しか使えなかった』『2週間いいトレーニングができなかった』『3週間前に右肩を痛めていた』といっています。訴えた方からすると、期待して賭けたのにだまされたということなんでしょうね」

   キャスターの菊川怜「そこまで事前にいう必要があるんでしょうか」

   ニュースデスクの笠井信輔「負けてもファイトマネー約144億円といわれています。けがを隠してファイトマネー欲しさに出場したとすれば、賭けた人は怒りますよ。賭けも相当な額が動いたはずなんです。今後も同様の訴えが起こされる可能性はなしとはいえません」

   小倉「ただ、右をかなりいいパンチを出していましたよ。負け惜しみで言ったんじゃないの」

   木下「それだけに、パッキャオは期待されていたんでしょうね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中