待ってました!「優しい還暦おっさん仕掛人」・・・巷のズル、悪さ許さんに喝采!せちがらい世の中を風刺
<三匹のおっさん2~正義の味方、ふたたび~ 第2回>(テレビ東京系)

印刷

   第1回の視聴率が11パーセント越えのベストテン入り(!)。1のシリーズが好評だったので視聴者は覚えている。慶賀に耐えない。何故なら、若者たちはスマホ狂いでテレビを見るのは中高年が多いのに、彼らが見るドラマがほとんどないからである。加えて、時代劇はないに等しく、テレビのメインのお客に答えていないこの状況の中、当ドラマは還暦過ぎのオジサンの大活躍で質もいいのだ。
   庶民の街で蠢くチンケな悪を、3匹~清田清一(北大路欣也)、立花重雄(泉谷しげる)、有村則夫(志賀廣太郎)のおっさんたちが、経験と胆力でやっつける話である。キヨは剣道、シゲは柔道、ノリはお手の物のビリビリ電気で退治する。それに加えて、清一の孫の祐希(大野拓朗)とノリの娘の早苗との爽やかカップル。一番面白いのは清一の妻(中田喜子)と嫁(西田尚美)の本音バトルトークがマンガのように画面に吹き出しで出るのもおかしい。
   今回は酒乱で別れた夫が、未練たらたらで妻と娘の家に接近する話。街中で小学生に声を掛けたら不審者扱いをされるせちがらい世の中を風刺もしているし、接近禁止という現代的な酒乱夫のテーマも描いている。
   第1回ではこの局のヒットマンガ「妖怪ウオッチ」を使い過ぎていたけれど、何故か嫌味でなかった。理由は主演の北大路の品の良さが、庶民的だがどこか知的なドラマのカラーを醸成しているからである。一種の庶民版優しい必殺ものの醍醐味もある。(放送2015年5月1日19時58分)

(黄蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中