福井「ネコ寺」現在35匹を保護・・・お釈迦様にじゃれ付いくイタズラにゃんこ

印刷

   福井県越前市に「御誕生寺」という寺があり、「ネコ寺」として知られているそうだ。ここでは現在35匹のネコが元気で暮らしているが、ネコ寺になったきっかけは12年前だ。住職が境内に捨てられていた4匹のネコを保護し、その後も飼えなくなったネコなどを受け入れ、多いときには60匹を世話していた。

   ネコはお釈迦様の横で寝転がったり、おみくじ箱の中に入り込んだりイタズラし放題だが、「それがみなさんの癒しにもなっているようです」(司会の夏目三久)

新しい飼い主が引き取り

   寺はネコたちの里親をネットなどを通じて募集し、これまでに140匹以上が新たな飼い主の元に送られた。「すべてのネコが新しい飼い主とご縁を結べるように続けたい」と副住職は話している。

みんなの癒し

   ネコの世話にかかる出費が寺の悩みだったが、保護活動が知られるようになると全国からおカネやエサの寄付が集まり、いまではエサ代のほとんどをまかなえるようになったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中