2018年 7月 24日 (火)

オードリー春日「W杯日本代表になっちゃった!」フィン競泳でメダルの可能性

印刷

   お笑いコンビ「オードリー」のひとり、キン肉マンで知られる春日俊彰(36)が、妙なものをかかえて記者会見をしている。「このたび日の丸を背負うことに なりました」という。フィン(足ヒレ)をつけた競泳の国際大会の日本代表になったのだ。

   春日かかえていたのはフィンで、かなりの大きさである。これを付けてドルフィン・キックをすると相当なスピードが出る。そのための筋力も生半可ではないが、筋肉修行が役に立ったものらしい。

「50メートルサーフィス部門」メダリストに0・3秒差の自己ベスト

   フィンスイミングという競技はあまり知られていないが、「フィンスイミングW杯マスターズ大会」が来月6日(2015年6月)からイタリア・ラヴェンナで開かれる。春日はこの50メートルサーフィス部門(シュノーケルを付けて泳ぐ)で日本代表となったのだ。今年3月の選考会での春日の記録は22秒64という。

知ってる?この競技

   司会の羽鳥慎一「ボディービルに真剣に取り組んでたんですよね。やろうと決めたら突き詰めるタイプなんですね。知ってました?この競技」

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「マイナーな競技なんだよね」

   小松靖アナ「春日さんは凄いんですよ。ベストタイムは去年のW杯銅メダリストに0.3秒差だといいます。だからメダル級の実力があるということです」

   さすがに長嶋も「へえ~」という顔をしている。

   羽鳥「メダル獲ったら大変ですね」

   映像で見るかぎり、いいフォームでフィンを動かしているが、まさに全身運動だ。ボディビルの延長上といえなくもない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中