長野・善光寺「墜落ドローン」操作少年ユーチューブで生中継!「落っこったぽくね」

印刷

   おととい9日(2015年5月)、長野・善光寺の御開帳法要の最中に落下したドローンを操作していた少年(15)が投稿していた映像が放送された。少年は落下現場から数百メートル離れた場所から操作してユーチューブに投稿していた。

   少年は「皆さん、ちょっと待ってね」「皆さん、見えますか」といい気なものだ。そのうち、「え、これ、落っこったぽくね」「ガチでまずい、これ」「1回放送を切ります」「拾いに行ってくる」という音声が入っている。

1時間後に派出所に出頭

   少年は約1時間後、「飛ばして練習していたら風にあおられ落ちてしまった」と派出所に届け出た。けが人がなかったことから、寺は被害届を出さず、警察も家に帰すという。

危ないよ

   司会の小倉智昭「生中継していたんだね。危険物でも搭載していたらと思うと、危ないですね」

   木下康太郎アナ「ぞっとしますね」

   危険物を搭載していなくても、人の上に落ちたら大けがをする。大きなラジコン飛行機を街中で飛ばしているのと同じだ。早く許可制にしろ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中