台風6号「日本縦断」沖縄は暴風圏、あす夜から列島各地で大雨、雷、突風

印刷

   太平洋を北上中の台風6号が沖縄に接近している。11日夜(2015年5月)にも石垣島が暴風圏に入り、12日朝には那覇市付近を通過、13日未明にかけて日本列島を暴風圏に巻き込み縦断しそうだ。

   5月の台風の襲来は11年5月以来4年ぶりで、その時は東日本大震災の2か月半後で、被災地の仮設住宅が冠水する大雨をもたらした。

最大風速・毎秒50メートル、非常に強い勢力

   気象予報士の松並健治によると、6号の中心気圧は935ヘクトパスカル、最大風速は毎秒50メートル、非常に強い勢力のまま時速20キロで北に向かって進んでいる。

   とくに、「12日朝に大陸から別の低気圧が接近し、この低気圧に向けて6号の非常に湿った空気が流れ込むため、西日本から東日本にかけて大雨、雷、突風をもたらす可能性があります」という。

   14日未明に北海道の南海上へ抜ける見通しだが、日本海側や太平洋側の沿岸地域では大雨への警戒が必要という。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中