中村江里子「ベビーシッターに貴重品を盗まれたことがあります。彼女はプロの窃盗犯でした」

印刷

   フリーアナウンサーの中村江里子(46)は5月9日(2015年)、パリの生活でベビーシッタに貴重品を窃盗されたことがあるとブログに書いた。

「数回お願いをしたベビーシッターさんから現金やジュエリー、小物類を盗まれていたことがありました」
「人生初の体験。ショックでしたが、彼女はプロの窃盗犯だったのです」
「その時も『気の毒だけど、でも玄関にバックを置きっぱなしにしていたのも良くないよね』とはっきりという人もいました。今はその人の言葉はいい教訓になってます」

   パリを訪れる際のアドバイスとして

「狙いたくなるようなものを持たないとか、『気を付けています!!』アピールを恥ずかしがらずにしてみる。アピールを忘れずに!」

と呼びかけた。

   ファンからは「江里子さんの言葉にはっとさせられました」「凄く為になりました」と声が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中