シャーロット王女誕生にチャールズ皇太子「私が老いたら世話してもらいたい」

印刷

   英国王室のシャーロット王女誕生について、チャールズ皇太子が「私が老いたときに、世話をしてもらえる孫娘の誕生を待ち望んでいた」と発言して話題となっている。ジョークなのだが、野暮な米国のネットユーザーらが批難している。

ジョークわからぬ野暮なネット書き込み

   「ジョージ王子には介護させないのか。なぜいつも女の子の仕事になるのか」「老人というのは、若い娘にオムツを替えてもらいたがるから困ったものだ」「その日までに、自分が祖母(ダイアナ元妃)にした酷い仕打ちが孫娘の耳に入らないように祈るばかりでしょうね」など、身も蓋もないコメントが目立つ。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中