2018年 7月 20日 (金)

「わが人民の観光マナー悪すぎる」中国政府ブラックリスト公開!実名あげ見せしめ

印刷

   中国人観光客のマナーの悪さは世界中に知れわたっているが、中国政府もついに腰を上げたのか、違反者のブラックリストをネット上に公開することを決めた。名前、性別、出身地が掲載される。

飛行機内でカップめん投げつけたり、銅像にまたがって写真・・・

   さっそく第1弾の4人が公表された。1号と2号は去年12月(2014年)、飛行機内で客室乗務員のサービスに腹を立てお湯の入ったカップめんを投げつけたカップルだ。3号は今年1月(2015年)、飛行機の出発の遅れに腹を立て非常ドアを開けようとした男。4号も男で、銅像に上がりまたがった格好で写真撮影をした。

基準はっきりしない

   1、2、3号は実名公開期間2年の処分を受けた。銅像にまたがった男の期間は10年と長い。実は、この銅像は中国建国の礎となった紅軍兵士の像だったのだ。すべての中国人のイメージを傷つけたとして重い処分となった。この4人は公開期間のほかに、銀行からの借り入れや出入国ができなくなる可能性があるという。

   ネットでも「ブラックリストはよくやった」「こういう人は処罰受けて当たり前」という声が上がっている。

2年前にはマナー普及パンフレット配ったが・・・

   政府は2013年にマナー普及のためのパンフレットも出していた。イラスト入りの分厚いもので、「赤信号は渡ってはいけません」「ごみはごみ箱に捨てましょう」「ベンチなどに自由に寝てはいけません」「像に登ってはいけません」とまるで小学生用の当り前の内容だった。

   今回のブラックリストで効果は期待できるのか。中国事情に詳しい富坂聰氏は「名前や出身地が出るので、就職活動や私生活に悪影響を与えます。見せしめにすることで他の中国人への戒めとなる」と話す。

   ニュースデスクの笠井信輔「何を根拠に、誰を公開するかなど、基準がはっきりしないとトラブルルになる可能性がありますよね」

   司会の小倉智昭「まあ、われわれも他国のことばかりでなく、自分のことも考える必要もあるかもしれませんね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中