黒沢年雄、白内障を手術。「眼帯を取ったら少年の目に・・・」

印刷

   俳優の黒沢年雄(71)は5月14日(2015年)、ブログで白内障の手術を受けたと報告した。

「今日は白内障の手術。部屋で待っている間は、不安で仕方がなく、手術室に入って血圧が上昇!!」
「薬・水・麻酔・メス...色々な物が目の中にたぶん入ってきて入るのだろうが、目の前はキラキラギラギラまるで宇宙の世界!」

   美しい視界に、手術をしている実感がわかなかったといい、

「その美しい世界がスーッと消えるようになったら、はい!終わりました。と先生の一言」「世の中には、神業師がいるんだな!!と実感しました」

と書いている。

   手術後の経過については、

「眼帯を取ったら少年の目に・・・今日からでも、ジム、ゴルフ、テニスやっていいそうです」
「感謝しに早速、母の墓参りに行こう」

と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中