ここでも日テレ好調!在京キー局決算2位浮上・・・フジ広告不振で苦戦

印刷

   民放の在京5局の2015年3月期の決算が出そろった。ここでも日本テレビ好調、フジテレビ苦戦だった。日テレは売上高6・1%増の3624億円で、1・8%減の3478億円だったTBSを抜いて2位に浮上した。日テレは増収増益だ。

   一方、フジテレビは売上高は0・2%増と横ばいだったが、視聴率低落による広告収入減少で営業損益は18・7%減と大幅減益となった。テレビ朝日はサッカー・アジア杯の製作費などがかさんで増収減益。連続ドラマ「三匹のおっさん」などが好評のテレビ東京は増収増益だった。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中