「大阪都構想住民投票」橋下徹が勝ちそうだって!?賛成派多い若年浮動票が投票日に雪崩

印刷

   5月17日の日曜日(2015年5月)に行われる「大阪都構想」の是非を問う住民投票だが、大新聞は橋下徹氏劣勢と伝えているが、大阪ではお笑いタレントたちが勉強会をやったりとなかなか盛り上がっているらしい。橋下氏は都構想が否決されれば引退すると悲壮感を漂わせ、『フライデー』によれば、維新の会と手を組んで憲法改正の発議を目論む安倍首相や菅官房長官が橋下支援を目論んでいたらしいが、劣勢という世論調査を見て、いまは高みの見物のようだ。

   だが、『週刊現代』は橋下側が勝つらしいと報じているが、ほんとかいな。全国紙記者がこう語る。<「おそらく、賛成派が多い若年層の浮動票が投票日に入るでしょう。市民も『都構想は中身の問題ではなく気分の問題だ』と内心では気付いている。

   『橋下さんにやらせてみよう』という声が、土壇場で反対を上回りそうな雰囲気です」>

   雰囲気として、閉塞状況にある大阪を変えたいというのはわからないでもないが、「大阪都」というネーミングの悪さがこの構想の欠陥を如実に表していると思う。

   安倍首相がごり押しした「戦争法案」が閣議決定され、国会審議が始まる。法案に対する批判はいくらでもあるが、東京新聞の5月15日付社説を引用しておくに留める。

<自衛隊を地球上のどこにでも派遣して武力の行使を認めることを、憲法破壊の暴挙と言わず何と言う>

   私は、この法案が成立した日を、日本が真珠湾攻撃をした12月8日を「太平洋戦争開戦記念日」としたように、「第二の戦争開戦日」と記憶しておこうと思っている。

   いっても詮無いが、この国の戦後最大の転換が行われようとしているのに、週刊誌は相変わらず芸能人のゴシップとセックス記事ばかり取り上げているのを見ると、ため息が出る。敗戦間近、あの東京大空襲の最中でもセックスをしていた男女がいた。そうして生まれたのがこの私(昭和20年11月生まれ)だから、再び戦争に巻き込まれる日まで「いざ狂え!」という気になるのも仕方ないか。というわけで今週は軟派記事大特集だ!

女性3000人アンケート「ペニスが最も大きい県は?」「早漏多い県は?」

   まずは『週刊ポスト』の「女性3000人アンケートが弾き出した『アブノーマル好きな県』『男性器の大きさランキング』」から。週刊ポストはペニスが最も大きかった男性の出身地を調べるため、女性たちに過去にセックスした相手のペニスについて聞いたそうだ。

   「最も大きかった」男性の出身地は人口の多い都道府県が上位を占めたが、人口比を踏まえた数値を算出すると北海道、京都、兵庫、広島の健闘が目立ったという。北海道出身で東京在住の30代女性がこう語っている。<「8都道府県にまたがる14人の男性とセックスしたけど、総じて地元・北海道の男性のほうが大きかった気がする。肉や乳製品をよく食べるからかな」>

   兵庫は牛肉、広島はカキの産地として有名だから、タンパク質や亜鉛など男性ホルモンを増やす栄養素との関係はあるのだろうかと週刊ポストは考える。3位の京都に関しては、<「京都の女性は見栄を張って、同郷の彼のモノを『大きかった』と主張している可能性もある」>という指摘が京都在住の30代女性からあったそうである。

   では、ペニスが最も小さかった男性の出身地はどこか。埼玉、神奈川、千葉、奈良など、東京、大阪の周辺県の男性が小さいとの結果になったという。<東北地方の女性は東京の男性を高く評価し、周囲の県を低く評価する傾向がある。実際の大きさというよりは、イメージの問題かもしれません>(週刊ポスト)

   それはそうだろう。これからというときに「大きさを測らせて」という女性はいない。

   もっとも早漏だった男性の出身地は? 早漏県だと見なされたのは神奈川の男性だったそうだ。<神奈川県民はせっかちで飽きっぽいので、それがセックスにも反映されている可能性がある。2位の広島、3位の和歌山は、男性の情熱的な性格が『早さ』につながっているのかもしれません>

   逆に早漏率が低かったのは東京と鹿児島。<東北女性の東京男性に対する評価は高く、その相性の良さが「早漏が少ない」という回答結果につながっているのではないか>

   鹿児島在住の40代女性からはこんな声があったという。<「うちの夫のセックスはワンパターンで、いつも早く終わらないかとばかり考えている。いっそ早漏のほうがずっと楽なのに」>

   いやはや何とも・・・。

フランス女性と日本女性の性器計測!フランス男「やっぱりプティ・ヴァジャンがいい」

   『週刊現代』はフランス人に日本女性のアソコについて語らせている。日本文化と日本女性をこよなく愛するというパリ在住の45歳、ジャン=リュック・フルニエ氏はこう話す。<「素晴らしいのは、日本女性の場合、身体は小さいのに、骨盤が広いんだろうか、両脚を閉じても、太ももの間にスキ間ができる人が多いよね。

   この『エスカール・ドゥ・キュイーズ』(太もものスキ間)があるから、ちょっと性器を刺激するだけで、すぐにたくさん濡れてくるのがわかるんだ。

   フランス人女性では、なかなかお目にかかれない。フランス人の中では痩せ形だという女性でも、日本人に比べたら身体に厚みがあるからね」>

   週刊現代はこんな蘊蓄を述べている。<日本女性の女性器については、8330人の女性器のデータをまとめた大著「日本女性の外性器統計学的形態論」を著した故・笠井寬司博士の研究がある。

   それによれば、日本女性の女性器全体の大きさ、つまりクリトリスの上端から、膣入り口下端で大陰唇や小陰唇が閉じる会合部までの長さ(つまり大陰唇全体の長さ)の平均は、7・6センチだった。

   一方、本誌は23歳から47歳までの、日本在住のフランス人女性20人(未婚者6人、既婚者14人。うち出産経験のある女性11人)に協力を仰ぎ、女性器のサイズを測ってもらった。

   すると、女性器の大きさは平均8・7センチ。日本女性のほうが『プティ・ヴァジャン』(小さな女性器)であるという特徴は、どうやら確かなようだ。

   ちなみに、クリトリスのサイズについても測ってもらったところ、フランス女性は3~4センチ。笠井博士の研究では日本女性の場合、2・5~3・5センチの人が多いとされ、『クリトリスも日本女性のほうが5ミリほど小さい』ことが判明した>

   引用してているこちらが恥ずかしくなるのでここら辺で止めておく。

摘発「折り鶴JKのぞき見」フライデーが隠し撮り!パンツ丸見えポーズ

   『フライデー』はJK(女子高生)ビジネスで摘発された「アキバ観光 池袋作業所」の『現場』を隠し撮りしていた写真を載せている。この店は、客が40分5000円を払い、半個室でマジックミラー越しにミニスカ姿の女子高生たちが折り鶴を折るのを眺めるというものだ。低い椅子に足をM字形にして座っているため、ピンクのパンツがチラチラ見えたり、壁にもたれかかって足を開いているので純白のパンツが丸見えの少女がいる。

   女の子は5分ごとに入れ替わり、指名もできるそうだ。店側は折り紙作りをさせている「作業所で、その仕事姿を見学するだけ」だから問題ないとしていたそうだが、月に200万円近くの利益を上げていたという。そのうえ、フライデーによれば、罰則は労基法違反しか適用できないのでほとんど罰金刑(30万円以下)で終わるため、出てきてはまた始めるケースが多いそうだ。

   『アサヒ芸能』は戦後70年を考える大特集として「戦後70年を濡らした『SEX革命』のオンナたち!」を組んでいる。まずは「ノーパン喫茶の女王イヴ」。彼女は83年の夏に新宿・歌舞伎町で「時給3000円」というノーパン喫茶「USA」の募集看板を見たことがきっかけだったという。すぐに評判になり、店には長蛇の列。テレビや雑誌でも取り上げられたが、勤めていたデパートはクビになり、親からは勘当、婚約者とも別れたという。

   店はコーヒー1杯2000円。イヴの服装は上半身は裸、スカートの中は当然ノーパン。別料金を払うと個室で「手コキサービス」もあったというが、彼女はしなかったという。懐かしい。私も取材と称して何度かこうした店に行ったことがある。トップレスの女の子がいる高級喫茶のような雰囲気だった。そういえば「美人喫茶」なんていうのもあったな。

   テレフォン・セックスで一時代を築いたのは清水節子。月6000円の会費で「清水節子の電話でしてあげる」を立ち上げ、ダイヤルQ2の課金制が始まったから、最初の年は7000万円の収入があったという。私はここのお世話になったことはないが、誰かに清水のカセットテープをもらったことがあった。聞かずにそのままどこかへ行ってしまったが、探して聞いてみるか。

   元祖ハードコア女優といえば愛染恭子。武智鉄二監督による『白日夢』で佐藤慶との「本番シーン」は大きな話題を呼んだ。撮影中なかなか勃起しない佐藤に、監督から渡された「精力剤」(胃薬らしい)を飲ませるとがぜん元気になり、萎えないうちにと愛染に挿入してしまったので、カメラが7台もありながら「決定的瞬間」は撮れなかったと愛染が話している。たしかにあの映画は本番シーンがあるという評判が立ち、満員の立ち見で見た記憶がある。

   新風営法が施行されたのは1985年。ラブホテルは回転ベッドが禁止され、ソープランドの営業は12時までと制限された。ストリップ業界も特出しや本番ショーがやりにくくなった。そこで登場したのが初代オナニークイーンといわれる清水ひとみだ。長襦袢を羽織って隠しながら、汗だくになって身もだえする清水の「艶技」は新鮮で大評判になった。私も渋谷道頓堀劇場へ見に行った記憶がある。客の中には人目も憚らずマスをかくヤツもいて、何ともいえない臭いが充満していたことを覚えている。

芸能人ご懐妊ラッシュ!仲間由紀恵も産婦人科クリニックで妊活!?

   『週刊文春』が「人気女優の『妊活事情』」を伝えている。安倍首相の産めよ増やせよに呼応したわけではないだろうが、たしかに、このところ芸能人夫婦の「妊娠発表」が続いている。5月5日のこどもの日には菅野美穂・堺雅人夫婦。その少し前には国仲涼子・向井理夫婦。その前が上戸彩・HIRO夫婦。一青窈は年下ギタリストとできちゃった婚。今年の元日に入籍した杏・東出昌大夫婦も妊娠発表がそのうちあるかもしれないといわれているそうだ。

   そして一番の注目は俳優の田中哲司と7年越しの交際を経て結婚した仲間由紀恵。週刊文春によれば、わざわざ下町の産婦人科クリニックを訪れた仲間の姿が目撃されているという。こうして祝福されて生まれた子供たちが、長じて戦争に行かされる時代をつくってはならない。積極平和主義というのは、そういう時代をつくらないために積極的に考え行動することだと私は思う。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中