<今週のワイドショー>善光寺ドローン少年は悪ガキ!ただちに補導しろ・・・今度は国会議事堂飛行で任意同行

印刷

   長野・善光寺で御開帳の法要が行われている最中の9日(2915年5月)、ドローンが落下して、近くで操縦していた少年(15)が名乗り出て厳重注意された。ワイドショーも街中で飛ばす危険を指摘し、<長野・善光寺「墜落ドローン」操作少年ユーチューブで生中継!「落っこったぽくね」>(フジテレビ系「とくダネ!」)、<危なかった!善光寺のドローン墜落―参拝客側の人込みに落ちてたら大ケガ>(日本テレビ系「スッキリ!!」)と伝えた。

   ところが、この少年はイタズラでたまたま飛ばしたのではなかった。今週14日の木曜日、今度は永田町の国会議事堂近くで飛ばそうとして警察官に任意同行を求められたのだ。狙いは動画投稿で、警察官から注意を受けているときも、生中継をやめなかった。<「善光寺ドローン少年」今度は国会議事堂飛行で厳重注意!「禁止されてない」>(「スッキリ!!」)と英雄気取りだったという。

   「スッキリ!!」の司会・加藤浩次は「またやる心配強い」と指摘したが、その通りだろう。善光寺の落下で名乗り出たのも、ドローンを取りかえすためだろう。こうなると、厳重注意ではなく補導すべきじゃないのか。それにしても、少年の親は子供がやっていることを知らないわけないと思うのだが・・・。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中