高校1年生 母親・祖母刺殺し自首!近所の交番に「これで刺した」と包丁持参

印刷

   横浜市戸塚区で18日朝(2015年5月)、高校1年生(15)の男子が祖母と母親を刺し殺す事件があった。少年は神奈川県警戸塚署の交番に自首し、警察官が自宅を調べたところ、1階に祖母(81)、2階に母親(50)が血だらけで倒れており、すでに死亡していた。「勉強や学校のことで2人に注意されカッとなってやってしまった。大変なことをしてしまった」と供述している。

   少年は登校する直前の午前8時ごろ、制服を着たまま犯行に及んだ。その後、制服を普段着に着替え、犯行から5時間後の午後1時ごろ交番に行き、カバンから包丁を取り出して「これで刺した」と話したという。

近所の住人「明るいお宅だったが1年前から急に暗くなった」

   少年は祖母、両親、中学生の妹の5人家族で、父親は単身赴任で犯行時は留守、妹も登校して家にいなかった。

くすぶっていた感情

   大竹真レポーター「一家を知る近所の人は、もともと明るい家族だったが、1年ほど前から暗い家族になったと話しています。それがどういうことなのかまではまだちょっとわかりません」

   少年は中学時代から部活で柔道に取り組んでいた。小中学校時代の同級生によると、「ときどきカッとなり、ひどいときには止められなくなったことがあった」

   司会の加藤浩次「腹立たしくなったと話しているようですが・・・」

   作家で心理カウンセラーの五百田達成氏はこう話す。「15歳は非常にアンバランスな時期なんです。体は大人になっていても心は子どもで、カッとなる気持ちを抑えられない。親側もつい子どもに対応する感じでいろいろ言ってしまう。その辺のズレもあったのではないでしょうか」

   ロバート・キャンベル「突発的のように見えますが、日ごろからくすぶっている感情があって、注意されてカッとなったというのはきっかけに過ぎないのではないですかね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中