「新国立競技場」東京五輪までに屋根間に合わない!お金かかる、工事期間も短い・・・

印刷

   2020年の東京オリンピック・パラリンピックの主会場となる新国立競技場が、開閉式の屋根なしで五輪を迎えることが明らかになった。きのう18日(2015年5月)、舛添要一・東京都知事と会談した下村博文・文科相が明らかにした。屋根は五輪後に建設するという。

   下村大臣は「(屋根は)五輪には間に合うが、(屋根建設を急ぐと)19年のラグビー・ワールドカップが間に合わなくなるので」という。また、観客席8万人分のうち3万人分が可動式から仮設になるという。正確に言うと、五輪に間に合わないのは屋根の開閉部分で、観客席の屋根はある。

東京都が500億円負担!?「聞いてないよ」(都知事)

   新競技場は流線型の屋根がデザインの目玉だったはずで、その天井が開けっ放しで、開催競技によって増減できる客席が仮設になるわけだ。理由は建設費の高騰が一つで、当初の見積もり1625億円は消費税5%当時の試算で、現在では2500億円になるともいわれている。

話違ってきた

   舛添・下村会談も五輪会場周辺整備費の一部500億円の負担を都に要請するためのものだった。猪瀬直樹前知事が500億円の支出を約束したと下村大臣は発表したが、都側は「聞いていない」と否定し、舛添知事も「どれくらい費用がかかるのか。少なくとも私には一切情報がない。都民も国民も知らないということ」と強く反発している。

五輪終ってから屋根設置工事

   司会の羽鳥慎一「屋根を五輪終わってから付けて意味があるんですかね」

   青木理(ジャーナリスト)「いまの予想図の流線型の屋根も、元の設計とは変わっているはずですよ」

   羽鳥「もっと大きかったのが、金がかかりすぎると小さくした」

   青木「オリンピックを誘致するために予算を小さめに出した節もあるし、さらには新築ではなく改修でよかったんじゃないかという意見もある。このデザインが神宮外苑に合うのかどうかとか」

   羽鳥「IOCだって、あれ、大分話が変わってきたなと思ってるでしょう」

   赤江珠緒キャスター「他の施設も心配になりますよね」

   優木まおみ(タレント)「終わったあとで、やっぱり予算が足らないと屋根を作るのをやめる不安もありますよね」

   小松靖アナ「可能性はあります」

   羽鳥「施設の維持費はどこでも問題になっています」

   屋根があると音楽イベントが呼べるというメリットはある。建設は10月に着工する。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中