2018年 8月 19日 (日)

林修「テレビ出演のおかげで予備校授業の質が上がりました」

印刷

   予備校講師でタレントの林修(49)は5月16日(2015年)、テレビ出演の経験が予備校講師業にも役立っているとブログで語った。テレビ出演の数が多いことから、予備校講師業を辞めたのかと思われてしまうこともあると書き、

「しかし、東大特進コースの御茶ノ水・渋谷・大阪・名古屋会場の授業は今まで同様、しっかり行っております」

   テレビ出演と授業の関係については

「テレビでは、『そこ、12秒でお願いします』とか、『まきめで5秒で』などという要求は日常茶飯事です。可能な限りコンパクトにまとめなければ、まとめようという意識をいつも強くもって話してきました」
「結果、授業における説明も、すごくコンパクトにまとまるようになったのです!」

と書いた。過去の自分の授業記録を見ると、今よりも冗長だったという。

「というわけで、『予備校講師 林修』は、かくのごとく精力的な活動を続けております」

と締めくくった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中