バラエティー並み軽さになっちゃった名物番組!撮影所の裏側見せて、ラーメン食べて、銭湯に浸かって・・・遠くへ行かずにお手軽散歩
<遠くへ行きたい>(日本テレビ系)

印刷

   この日の旅する人は俳優・寺島進。題して、「ちょっとディープな!俺の京都~」だった。時代劇の撮影で訪れる「東映京都太秦撮影所」へ行き、裏側を紹介する。美術部作業場には時代劇でよく見る手配書が2枚。寺島の顔が描かれていた。いかにも重そうな石灯籠は実は発泡スチロールで作られていて、苔部分は青のりをまぶすなど、その作業を見学した。
   撮影所近くの役者御用達の中華料理屋にも行き、お気に入りの辛いラーメンを食べる。さらに、趣味は銭湯だという寺島がなじみの銭湯へ。築91年で、今でも薪で湯を沸かす。その様子を紹介し湯船へ。「電気怖いのよお」と電気風呂に怯える寺島は、意外にも鍛え上げられた肉体美を披露した。
   今が旬のたけのこ堀りに挑戦するため少し遠出して、京たけのこの里として有名な大原野へ。自ら堀ったたけのこで料理を作ってもらう。渓流ではアマゴ釣りに挑戦。鹿肉のたたきなど、野生グルメに舌鼓と、まあこんな感じ。
   たけのこ堀りのとき、野生の鹿がたけのこを食べにやってくるという話のバックに、「フンフンフン黒豆よ」と吉永小百合が歌う「奈良の春日野」が流れ、コワモテのおじさんが出てくると「仁義なき戦い」の曲が流れるなど、バラエティかコントのよう。寺島のナレーションも軽い。「遠くへ行きたい」大丈夫か。(放送2015年5月17日7時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中