2018年 7月 17日 (火)

ドローン少年(15)今度は東京・有楽町駅前で保護「飛ばしてないですよ」

印刷

   今月9日(2015年5月)に長野・善光寺の御開帳法要のさなかにドローンを墜落させ、先週14日には国会議事堂周辺で飛ばそうとして任意同行された少年(15)が、今度はJR有楽町駅前でドローンを持ってネット中継しているところを保護された。

ネットで中継

   きのう19日午後8時20分、通行人から通報があり警察官が駆けつけると、少年はネット中継を続けながら「飛ばしてないですよ!」と警察官に食って掛かった。たしかに、ドローンは少年が持っていた。少年は最寄りの警察署に保護され、警察官から事情を聞かれて自宅に帰された。

取り締まれない

   司会の小倉智昭「飛ばしてもすぐ犯罪というわけじゃないだろうから、難しいよね」

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中