梅雨入り「関東6月8日」「近畿6月7日」ごろ・・・7月に連続ゲリラ豪雨の心配

印刷

   気象庁は19日(2015年5月)、鹿児島・奄美地方が梅雨入りしたようだと発表した。沖縄もきょう20日には梅雨入りと見られている。奄美地方は平年より8日、昨年よりも14日遅い梅雨入りで、今年の梅雨の傾向はどうなのか。

   「スッキリ!!」の松並気象予報士によると、その他の地域の梅雨入りは、九州南部が今月31日ごろ、中国・近畿地方が6月7日ごろ、東海・関東甲信6月8日ごろ、北陸から東北北部が6月12~14日と見られる。「6月は多少晴れ間もみられますが、7月に入ると平年以上に雨が多くなるでしょう」と予測している。

   5月というのにすでに台風7号が発生し、20日昼には小笠原諸島を通過。ことしはすでに台風シーズンに入っているという。7月には台風の影響を受けたゲリラ豪雨が心配される。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中