渡辺麻友が危ない!主演「戦う!書店ガール」視聴率3%台で打ち切り赤信号

印刷

   AKB48の渡辺麻友が主演のフジテレビ系連続ドラマ「戦う!書店ガール」(火曜夜10時)が、5月19日(2015年5月)放送の第6話でとうとう平均視聴率3・6%まで落ち、打ち切りの赤信号がともった。平均視聴率は5%台で打ち切り黄信号、3%台で赤信号といわれる。「戦う!」は6・2%でスタートし、2話目でやや上向いたものの、その後は下がる一方だ。

   裏番組に人気バラエティー番組「幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ系)があるのが痛い。とりわけ19日には、「幸せ!」の番組中にタレント&歌手のDAIGOが24時間テレビのチャリティーマラソン出場を要請されるというサプライズがあり、大きく食われてしまった格好だ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中