スタバの次は「セブン-イレブン」鳥取1号店!「凄いことですよ、県民にとっては・・・」

印刷

   23日(2015年5月)に鳥取県に初めてという「スターバックスコーヒー」がオープンし、リポーターの大竹真がいた。1200人の行列だ。「鳥取県にとって歴史的な1日に参加したいなと思って。凄いですよ、鳥取県民にとってはね」なんて話している。

   一番乗りは地元の大学生グループで、「前日午前11時に来ました。狙いは数量限定で販売される記念タンブラーとマグカップです」

地元テレビ女子アナ興奮「これほどの人を見たのは初めて。意外に若者多い」

   地元の日本海テレビはトップで伝え、女子アナは「鳥取でこれほどの人を見たのは初めてです。『こんなにいたんだ!』と。意外に若者がいるなと思いましたね」なんてしゃべっている。

盛り上がってる

   ライバルの地元「すなば珈琲」はどんな影響を受けたか。スタバから400メートルほどしか離れていない。こちらも大入り満員だった。ネットで見たという海外からの客が多いようだが、目的はすなば珈琲が展開するスタバに対抗したキャンペーンだ。

   毎日、先着30人にオリジナルマグカップのプレゼント、スタバのレシートを持参するとブレンドコーヒー半額、スタバよりすなばの方が不味いと申告するとブレンドコーヒーはタダになるという。さすがに、まずいといった客はいなかったようだが、なかなかうまいキャンペーンだ。

ダジャレ県知事も現れて鳥取砂丘PR

   ちゃっかり便乗組も現れた。JR西日本が山陰地方を巡る周遊券のパンフレットを配ったり、平井仲治県知事がスタバに現れて鳥取砂丘のPRに一役買っていた。

   司会の加藤浩次は「鳥取のやり方はうまいですねえ。本当に盛り上がっている」

   10月にはセブン-イレブンの県内1号店がオープンする予定という。さて今度はどんなキャンペーンの展開になるか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中