スタバ来たけど「すなば珈琲」も頑張る!鳥取店オープンでこっちにも行列

印刷

   大手コーヒー・チェーン「スターバックス」がはじめて鳥取県に店舗を開き、迎え撃ったのが地元の「すなば珈琲」だった。平井伸治知事が「鳥取にスタバはないけど、すなばはある」と鳥取砂丘に例えた冗談を飛ばし、それを機にできたブランドだった。

全国2番目のコーヒー消費量

   おととい23日(2015年5月)にオープンしたスタバは「シャミネ鳥取店」で、国内1034番目の店舗だ。開店前には1000人の列ができた。一方の「すなば」は3店舗という超ミニチェーンだが、オリジナル・マグカプを毎日先着30人にプレゼントする。スタバのレシートを見せるとコーヒー半額。さらに「スタバよりまずい」といった人からはお代はいただきませんと受けて立った。

おいしいよ

   その甲斐あってか、午前7時の開店に「すなば」にも行列ができた。店員は「3回のうち1回は来てください」とまことに謙虚だが、両者の規模の差を考えると、相当な強気ともいえる。早朝の利用者はマグカップを手に「やっぱり『すなば』。鳥取県民だから『すなば』です」

   理由はあった。鳥取市民のコーヒー消費量は全国第2位なのだ(1位が京都、3位が札幌=総務省統計局調べ)。市内には独自の味を売る店がたくさんあって、農作業の合間にも、釣り人も、祭の乾杯も缶コーヒー、ラーメンのあとにコーヒーといった具合なのだ。ある男性はこの日12杯目というコーヒーを飲みながら、「日に4、5軒は飲み歩く」と話す。

鳥取砂丘の砂で焙煎

   司会の羽鳥慎一「そんなにコーヒーが好きなところだとは知りませんでしたね。知事の発言のあとできたんですね」

   というわけで、スタジオでは「すなば」のコーヒーが名前入りのマグカップでだされた。

   小松靖アナ「お味はいかがですか」

   住田裕子(弁護士)「香りがいいです」

   小松「焙煎には鳥取砂丘の砂を使っているんだそうです、豆本来の味を引き出して...」

   マグカップと並んだパックには「砂コーヒー」とある。

   石原良純は(タレント)「わかんない」と正直だ。羽鳥は真顔で「おいしいよ。細かいことわかんないけどおいしい」

   住田「大山の牛乳を使ったおいしいスイーツがあるんですよ」

   羽鳥「きょうはないです」

   スタバ出店をダシにすなばのPR。なかなか巧み。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中