2018年 7月 19日 (木)

栗原類「ボクはADD(注意欠陥障害)なんです。8歳の時に判明しました」NHK『あさイチ』で告白

印刷

   モデルの栗原類は25日(2015年5月)のNHK総合「あさイチ」(月~金朝8時15分)に出演して、自分は発達障害である注意欠陥障害(ADD)だと明かした。この日は「どう向き合う?夫の発達障害」がテーマで、ゲスト出演した栗原はこう話し出した。

   「アメリカに引っ越した8歳の時にADDと診断されました。英語がよくわからなかったということだけでなく、言語的なこと、行動面でもおかしいと思った担任教師が、両親に診断を受けたらどうですかと言ってくれて、判明しました。

   たとえば、家を出る時間とか帰る時間が毎日ぴったしだとか、水を飲まないと授業に出られないというようなことがありました」「いまでも人に合わせなかったり、冷蔵庫の中ではいつもお茶が真横に置いてあるのに、違うものがあると気持ち悪くて戻してしまいますね」

「周りの環境がちゃんと対応してくれたのでいまがあると思ってます」

   早く判明してよかったという。「自分の弱点やできることとできないことがわかるようになったのは大きいですね。周りの環境がちゃんと言ってくれてきたのでいまがあると思ってます」

   栗原は長身・イケメンでバラエティー番組などで人気となっている。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中