2018年 6月 23日 (土)

一計案じたワン公!長い棒横咥え「つっかえて橋通れない」さてどうしたか?

印刷

   イヌも歩くと、思いがけないアクシデントやトラブルに出くわす危険があるようだ。「Dog Thinks Through A Problem」(難問に挑むイヌ)という動画が5月21日(2015年)に投稿されると、約1週間で約350万回も再生されている。

   大型のイヌが森の小径を散歩している。どこで見つけたのか、長さが人間の身長ほどもありそうな太い木の枝のような棒を、真ん中あたりでがっしりと口にくわえて歩いている。まるで獲物を捕らえたかのように誇らしげである。

「賢いイヌだ」「会社の同僚の半数よりはイヌのほうが頭がよい」

   ところが、思わぬ難問が生じた。人一人がやっと通れそうな木の橋の出現である。イヌは問題なく通れる幅なのだが、橋の両側には手すりのような柵が付いており、口にくわえた木の棒が柵につっかえて通れない。イヌは当惑したような表情を浮かべ、棒をくわえたまま橋を通ろうと何度か試み、失敗を繰り返すが、やがて解決策を見いだすのであった。

   動画の視聴者からは「賢いイヌだ」「会社の同僚の半数よりはイヌのほうが頭がよい」「私はこんな問題は2秒で解決したよ」などといった感想が寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中