イヌの虐待映像送って・・・『女』に騙された会社員!動画公開され恐喝・詐欺

印刷

   飼っているトイプードルを足でけったり踏みつけたりしていた会社員(21)が動物愛護法違反の疑いで書類送検された。LINEで知り合った女から「犬の虐待動画が見たい」と求められ、「嫌われたくないから」と飼い犬をいじめて撮影し、You Tubeに投稿されるとは知らずにLINEで送信した。

   ところが、女はなりすましていた少年(16)で、虐待映像を転送された仲間の少年(17)が投稿していた。この少年2人も動物愛護法違反の疑いで書類送検されたが、少年らにはさらにもう一つ目的があった。

自分が飼ってるトイプードル蹴ったり踏みつけたり

   少年らは別の少年2人と共謀し、動物愛護団体職員を装って「虐待動画を見た。犬を保護されたくなかったら4万円支払え」と会社員から金を騙し取ろうとしていた。少年らは詐欺未遂の疑いでも書類送検されている。

   コメンテーターの宇野常寛(評論家)「4人の少年たちにきついお灸をすえるのは当然としても、21歳の男はヤバイですよ。『犬の虐待動画が見たい』っていうメールを信じるかなという話ですよ。インタ-ネットは便利ですけど、バカな奴が使うとこうなっちゃう。小学生低学年から個人が責任もって情報発信するとか、何か徹底して教える時期に来ていると思います」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中