来週からグ~ンと厳しくなる「自転車走行処罰」講習受けない違反者は罰金5万円

印刷

   来週月曜日6月1日(2015年)から自転車の道路交通法での扱いが変わる。これまでは「歩行者の延長上」だったが、「車両」という位置づけをはっきりさせて、違反が重なると「講習」を受けさせられ、「罰金」もできた。みなさん、知ってましたか。

   「モーニングバード!」が交差点などにカメラをセットして自転車の通行状況を記録し、新しいルールで「違反」となる行為がどれくらいあるかをチェックした。

スマホ、並走、信号無視、イヤホン、傘差し、歩道通行・・・すべてアウト!

   スマホ片手に画面を見ながら、イヤホンで音楽、おしゃべりしながらの並走、手放し、信号・一時停止無視、傘差し・・・すべてアウトだ。ほかにも、整備不良、酒酔い、無灯火、遮断踏み切り立ち入りなどがあり、歩道通行も13歳以下と高齢者に限られる。

知らなかった

   危険通行として摘発(キップ)や事故が3年間に2回以上になると、安全講座の受講が義務づけられる。3時間の講習にはテストはもちろん、感想文まで書かされて5700円ナリ。通知から3か月間応じないと5万円以下の罰金もある。対象は14歳以上だ。

   新ルールの導入は自転車事故が絶えないからだ。昨年(2014年)、自転車が当事者になった事故は約11万件あり、死傷した人の6割以上がルール違反の危険運転だった。

   実は、これまでも一時不停止や信号無視は、法令上3か月以下の懲役または5万円以下の罰金となっていた。しかし、これで検挙されたという話は聞いたことがない。「傘を差して信号無視をしてキップを切られた」という人がいるにはいたが、これまでは「お気の毒」で終わっていた。

車道にあふれるママチャリ!大丈夫か

   司会の羽鳥慎一がVTRを見ながら、「本当に危ないですよ。深刻です。新ルールが来週からって、みんな知らなかったよね」

   日本自転車普及協会の田中栄作事務局長は「罰則も厳しいですが、新制度の趣旨はルールを守らないから事故が起こるという認識を高めて、安全ルールを学ぶこと。自転車が歩行の延長ではなく車両であるという理解を進めること」と話す。普及協会の調べでは、人と自転車の事故のうち届け出があったのは6.8%にすぎない。「講習に来てくれる人は意識の高い人で、われわれが来てほしい人はこない」ともいう。

   玉川「抑止効果なら、車の免許を持った人が自転車で危険運転したときに減点するのも手ですよ」

   羽鳥「免許持ってない人は?」

   玉川「もともと全員を取り締まれるわけじゃない。抑止効果」

   一番の心配は、歩道から車道へ追い出されたママチャリが車との接触や事故にあうことだ。「今までの方がよかった」なんてことにならないよう祈りたい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中