「FIFA副会長」露骨すぎるワイロ要求!提示額多い方のW杯開催支持

印刷

   FIFA(国際サッカー連盟)の副会長らを収賄容疑などで起訴したアメリカのリンチ司法長官は、「歴史的なイベントでも、FIFA幹部は開催国の決定にワイロを利用した」と厳しく批判した。

   起訴状によると、ワイロの舞台になったのは2010年開催の南アフリカW杯だった。元副会長のジャック・ワーナー(北中米カリブ海サッカー連盟元会長)が、開催国候補のモロッコと南アにワイロを求め、モロッコが1億2000万円を提示したのに対し、南アは12億円を提示して南アに決まった疑いがもたれている。南ア政府は疑惑を否定し、ワーナーも無罪を主張しているという。

ブラッター会長は5期目選出で続投

   W杯開催地を巡る疑惑は以前から噂されていた。不正の温床と見られていたのがわずか25人で構成する理事会だ。開催国の決定など重要事項はここで決められており、味方をつければ有利に運べる。

会長辞任すべき

   UEFA(欧州サッカー連盟)のプラティニ会長は28日(2015年5月)、「イメージが悪く、このままでは続けられない」とブラッター会長の辞任を要求したが、会長は拒否しており、29日から始まる会長選挙で5期目の再選は確実と見られている。

   今回の摘発でサッカー界の不正を糺すことができるか。サッカーに熱い司会の加藤浩次は「決定する人間が25人では少なすぎますよ。現会長を代えるべきだと思うし、いったんクリアにしないと子どもたちにも悪い」

   日本サッカー協会はAFC(アジアサッカー連盟)のブラッター支持に従う方針だ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中