2018年 7月 20日 (金)

<バナナマンのせっかくグルメ>(TBS系)
「トドやって!」「はいよ」素人あしらいうまい日村勇紀―行く先々で絶大人気のグルメ旅

印刷

   バナナマンの日村勇紀ら日本各地を訪れ、その土地の人がすすめるグルメを紹介する。「今週は何が食べれるんでしょうか」と日村が訪れたのは北海道上川郡清水町のスーパー「エーコープ食彩館」だ。清水町産のニンニクを1か月間発酵・熟成させた黒ニンニク、釧路港で水揚げされた魚の握り寿司、えりも小豆のおはぎを味わう。

   店長の山根浩二さんがなかなかいいキャラクターだった。黒ニンニクを食べた日村が「フルーティ、プルーンみたい」と真面目にコメントする傍らで、「寝る前に食べちゃったら大変。眠れませんよお」と下ネタをかます。

   売られている寿司を試食することになったら、日村の来訪に大騒ぎの店員に「ちょっと、写真ばかり撮ってないで箸か何か持ってきて」と指示を飛ばす。「もう、うちのスタッフ働かないんだから」とボヤき、日村が「せっかくだから、『山根寿司』で」と振ると、すかさず「ヘイらっしゃい」とノリよく対応する。

   山根店長「じゃあ食べさせてあげるね、あーんして」

   日村「あーん。おいしい、やーまーねー(アンガールズ田中のモノマネで)」

   こんなコントもどきのやりとりがおはぎでも繰り返された。

「ガチ日村だ」「ヤバイ、すごい」

   「牛肉サミット2012」で優勝したという十勝若牛のローストビーフ握り、清水町産アスパラの天ざるそばも紹介された。清水産のアスパラは通常の約3倍の大きさで、日村の親指よりも太い。

   グルメを紹介する番組なのだが、地元の人たちとの交流が見どころ。どこに行っても子どもから年配の人まで寄ってくる。日村は店を出た途端に女子学生に囲まれ、「ガチ日村だ」「ヤバイ、すごい」とキャーキャー騒がれ、「写真撮ってください」「トドやってほしい」というリクエストにも、「いいよ」と快く受ける。日村は素人とからんでもうまい。(放送5月25日深夜0時41分)

大森

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中