「本のドミノ倒し」でギネス挑戦!図書館のイベントに「けしからん」と炎上

印刷

   岐阜市の図書館がリニューアルオープンするのに合わせて企画されたイベントが物議をかもしている。市民から古本約1万冊を集めてドミノ倒しを行い、ギネス記録に挑戦するというのだ。古本はイベント後に業者に売却し、収益は図書館に寄付されるという。

   イベント実行委員は「日本では(本でドミノは)歴史上にない。非常に注目されておもしろいのかなと」と説明するが、本を使うことに「けしからん」「いかがなものか」という批判が起きて、「いわゆるネット大炎上」(小松靖アナ)だという。岐阜市は批判を「真摯に受け止めて参りたい」としている。

優木まおみ「本に興味持つきっかけになるならいいんじゃない」

   青木理(ジャーナリスト)「ボクも本を書くので、うーん、ドミノ倒しかあって気もするけど、これで図書館に多くの人が行って、本を読むきっかけになればいいし、地域おこしって面もあるだろうし、複雑ですね。どっちとも言えないかなあ」

   優木まおみ(タレント)「話題になったことで、私も岐阜の図書館オープンを知ったし、その意味ではよかった。あと、いま若者の本離れが進んでいるので、本に興味を持つきっかけになるなら、個人的にはとてもいいイベントだと思います」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中