「長江客船転覆」ようやく船体切断作業―不明410人「事故」からすでに4日

印刷

   中国の長江客船転覆事故で報道規制が強まっている。「現場に行こうとすると警察、軍に阻まれる」(高井望NNN上海支局長)といい、取材陣が近づけるのは現場から4キロ離れた地点までだ。中国メディアの報道は大部分が国営新華社通信からの引用で、高井支局長は「規制されていると思います」と伝えた。

   60メートルだった船体が15メートルも長く改造されていたという情報を流したインターネットサイトは閲覧できなくなった。一方で、李克強首相が救出された女性を見舞う姿は報道されている。

政府・会社の不手際への批判拡大!当局は報道規制

   中国事情に詳しい富坂聰・拓殖大教授は「中国社会に不満がたまっているので、問題を大きくしてあちこちに点火することを気にしているのでしょう」と指摘する。

家族の思いは

   現場では船体の切断作業も始まったが、これまでに29人が死亡、14人が救助され、410人以上の行方がまだわかっていない。

   司会の加藤浩次「はっきりわかりませんけど、船体改造の話もチョロチョロ出ています。家族はたまったものではないですよね。一刻も早く救助してもらいたい」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中