2018年 9月 25日 (火)

マレーシア・キナバル山地震!死亡日本人は「OZAKI MASAHIRO」さんか

印刷

   マレーシア・ボルネオ島で起きた大きな地震で、有数の観光地キナバル山(標高4095メートル)で大規模な山肌崩壊が起り、巻き込まれた登山者16人が死亡し、日本人男性(29)も含まれている。

   キナバル山は全体が巨大な岩峰で、東南アジアの最高峰だ。世界遺産にも登録されている。

レスキュー隊「落石に当たって岩場から落ちて亡くなっていた」

   地震が起きたのは5日(2015年6月)で規模はM6.0。森林帯を抜けた上部の岩陵地帯で巨大な土煙がいくつも上がり、山肌があちこちで崩落した。これに登山者は巻き込まれたと見られる。頂上付近にある「ロバの耳」と呼ばれる屹立した2本の奇岩のうち1本も折れた。登山道は崩れ、ザイルで結ばれたまま死亡している登山者の映像もあった。

まだ確認は・・・

   死亡した日本人は「OZAKI MASAHIRO」さんと見られ、レスキュー隊員は「タグに名前が書いてあった。山の中腹で落石に当たって岩場から落ちて亡くなっていた」話している。マレーシアの日本大使館はなお確認を急いでいる。

   司会の小倉智昭「それがオザキさんかどうか、確認がとれていません」

   サバ州はマレーシアの飛び地でのボルネオ島の北西側で、サラワク州と並んでエキゾチックな観光資源で知られる。キナバル山はその目玉のひとつだ。島の南部はオランウータンの生息地で知られるインドネシア領になる。そうした地域だけに捜索は大変だろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中