2018年 7月 22日 (日)

韓国MERS「4次感染」の恐れ!患者からうつされた医師、シンポ出席や外食

印刷

   MERS(中東呼吸器症候群)コロナウイルスの感染が広がっている韓国の実情を、岸本哲也リポーターが伝えた。最初の感染者から2次感染、3次肝炎までほとんどMERSの認識がなく、バスに乗ったり大勢の集まりに顔を出して拡大していった。きょう8日(2015年6月)現在、感染者は87人、死亡5人、隔離2361人になっている。

   MARSは発熱や重い肺炎などを引き起こし、致死率4割という感染症で有効なワクチンや治療法はない。ソウル市民はマスクぐらいしか自衛策はなく、韓国政府も手洗い、くしゃみ・せきに注意などを呼びかけるくらいだ。外国人旅行者2万人以上が予約をキャンセルするなど、影響が出始めている。

危機感乏しく感染者が歩き回り

   そもそも、韓国で感染が拡大する発端となったのは、中東から帰国した69歳の男性が体調不良でソウル市郊外の平沢(ビョンテク)市の聖母病院を受診したことだった。帰国から11日後、高熱だったが、医師はMERSと判断せず一般の病室へ入院させた。部屋にいた76歳の男性が数日後に容態が急変して死亡した。

後手に回ってる

   別の病棟で勤務していた24歳の看護師も、男性と接触がなかったにもかかわらず感染した。最初の感染者の唾液などがエアコンで拡散した可能性が高く、フィルターからウイルスが検出された。この病院では37人が院内感染してしまった。

   さらに、最初の男性も院内で接触した35歳の男性も、完治しないまま退院してしまう。バスでソウルへ向い、MARAウイルスを運んで行った。男性はバス停で倒れサムスンソウル病院に搬送されたが、ここでもMERSという認識はなく、38歳の男性医師が感染した。医師は男性と接触した別の男性に接触していた。3次感染である。

   この医師は体調異常があるのに出歩いていた。感染が確認される2日前には1600人が参加したシンポジウムに出席し、レストランで食事もした。翌日さらに体調が悪化して、初めてMERSの感染を疑った。

ソウル市長と保健福祉相が責任なすり合い

   ソウル市長は「重要な情報を国から提供してもらえなかった」と国を批判し、保健福祉相は「政府が誤ったかのように誤解を与えたのは遺憾」と反論するなど、責任の押し付け合いになっている。

   岸本は「肝心なのは3次感染が出たこと」という。さらに38歳の医師から4次感染の可能性もある。

   司会の小倉智昭「後手、後手に回っている印象ですよね」

   夏野剛(慶應大客員教授)「日本も対岸の火事と眺めているわけにはいきません。日韓は人の交流は多いですから、いまのうちにシミュレーションしておくべきでしょう」

   小倉「最初の男性が中東にいたと話してなかったことがいけなかったとか」

   石戸奈々子(デジタルえほん社長)「情報不足が混乱を招いています」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中