2018年 7月 18日 (水)

高層マンションで続くペットボトル投げ落とし!通行人を直撃―東京・中央区

印刷

   東京都中央区の32階建て高層マンションで、ペットボトルが落下する事件が続いている。つい先日(2015年6月)も、マンション前の路上に2リットルの水入りペットボトルが4本落下した。1、2本は犬を散歩していた女性の近くに、3本目はベビーカーを押していた妊婦の肩に当たり軽いけがをした。子どもは無事だったが、危ないところだった。

3月頃からほかにも瀬戸物や花瓶

   レポーターの阿部祐二が業者に協力を得て、クレーン車でペットボトルの落下の衝撃について検証した。ちょうどマンション10階相当の高さの30メートルから2リットル入りを投げ落とすと、グシャーッとした衝撃音がして一瞬に破裂した。

誰かを狙ってる?

   このマンションでは今年3月からペットボトルや瀬戸物、花瓶が落下する事件が相次いでいる。落下物は真下ではなく、植え込みを超えた15メートル先の通学路のあたりに集中している。自然に落ちたのではなく、意図的に投げ落としたとみられる。

大阪では殺人未遂で女逮捕

   コメンテーターの上念司(経済評論家)「偶然、おととい、同じマンションの人と飲んだんです。前から問題になっていて、物を投げないようにしてくださいと掲示板に出したのに、またこういうことがあったといっていました。当たりどころが悪いと亡くなってしまう。いたずらとしたら絶対やめてください」

   阿部「ペットボトルが落ちた2回目のときも昼間なんです。いつ誰に当たるかわからない」

   宮崎哲弥(評論家)「阿部さんの検証では、落としたのではなく、誰かをめがけて投げた可能性がありますね」

   森圭介アナによると、2005年、大阪市でマンション27階から女が植木鉢の台を落とした。通行人のすぐそばに落ち、けがはなかったが殺人未遂容疑で逮捕されたという。

   司会の加藤浩次「今回のケースと同じ可能性が高いという気がしますね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中