神戸児童殺傷「酒鬼薔薇聖斗」手記!「書くことが自己救済」印税1200万円

印刷

   18年前、神戸で連続児童殺傷事件を起こした少年A、「酒鬼薔薇聖斗」はいま32歳になった。その彼がきのう10日(2015年6月)、手記「絶歌 元少年A」(太田出版)を出した。初版10万部で書店には問い合わせが相次ぐ。表紙には「1997年6月28日 僕は、僕ではなくなった」とある。本文の書き出しの文章だ。冒頭の見出しは「名前を失くした日」。「少年A」になった日のことを指す。

   事件の被害者家族は出版中止と回収を求めている。

医療少年院を出所後は引っ越しアルバイト、廃品回収、溶接工

   神戸市須磨区で小学生2人を殺害し、遺体を切断して小学校の校門に置き、「酒鬼薔薇聖斗」の名前で「ボクを止めてみたまえ」と警察に挑む前例のない事件だった。手記には、医療少年院を出所後、1人暮らしをしながら引っ越しのアルバイト、廃品回収、溶接工などを経験したことが書かれている。

納得いかない
「少年院を仮退院してからこれまでの十一年間、僕は、必死になって、地べたを這いずり、のたうちまわりながら、自らが犯した罪を背負って生きられる自分の居場所を、探し求め続けてきました」「人生初の労働だった。キツかった。とにかくキツかった。肉体的にも、精神的にも」

   事件については、「(殺害した)淳君のお父さんと、彩化さんのお母さんが、事件のあと手記を出したんだ。(中略)二冊とも読み終えると、喉がカラカラに渇いていた。(中略)その日の夜から、僕はほとんど眠れなくなった。布団に入ると、犯行時の様子が繰り返し繰り返しフラッシュバックした」

   なぜ手記を出そうというのか。「僕には、罪を背負いながら、毎日人と顔を合わせ、関わりを持ち、それでもちゃんと自分を見失うことなく、心のバランスを保ち、社会の中で人並みに生活していくことができませんでした」「もうこの本を書く以外に、この社会の中で罪を背負って生きられる居場所を、僕はとうとうみつけることができませんでした」

   そして、「書くことが唯一の自己救済だった」と書いている。

遺族「悪いことをしたという気持ちないことわかった」と出版中止と回収要請

   出版社は少年犯罪の背景に何があるのかを伝えたいと出版の意図をいうが、土師淳くん(当時11歳)の父、守さんは「以前からメディアに出すようなことはしてほしくないと伝えていましたが、完全に無視されてしまいました。なぜ、さらに私たちを苦しめるようなことをするのか、理解できません」と語る。また、「遺族に対して悪いことをしたという気持ちがないことが理解できました」として、出版中止と回収を求めている。

   司会の小倉智昭「読んだんですが、決して後味のいいものではないです。おぞましい文章も出てきますから、父親としては気持ちのいいものではないはずです」

   出版は本人がもちかけたといい、手記は出版直前まで公表しなかった。印税は通常通りならば1200万円にはなるという。

   小倉「本人は更生しているのだが、犯罪そのものを書いて対価を受け取るのは納得いかないという人も多いと思いますね」

   山崎秀鴎(書家)「遺族をさらに深く傷つけている。あってはならないことでしょう」

   宋美玄(産婦人科医)「編集者として、遺族の了解を得るのは最低限の仕事じゃないか」

   小倉「そうしたら出版はまずダメになる。犯罪に関する本はいくらもあるが、問われるのはモラルですかね。ただ、なぜ少年が犯罪を犯したかの研究には意味があるでしょうね」

   菊川怜キャスター「それなら金銭を生まないような方法もある」

   別に印税が入ってもいいじゃないかとも思うが、初版でいまどき10万部は異常だなぁ。金儲けになっちゃう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中