2018年 7月 18日 (水)

ドラマ部門「相棒」、エンタメ部門「しくじり先生」、演技賞に宮沢りえ―放送文化基金賞

印刷

   優れたテレビ・ラジオ番組を表彰する放送文化基金賞(放送文化基金主催)の発表がきのう10日(2015年6月)にあった。テレビドラマ部門は「相棒season13」(テレビ朝日)、テレビエンターテイメント部門は「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日)に決まった。テレビドキュメンタリー部門は「ETV特集 薬禍の歳月~サリドマイド事件・50年~」(NHK)が受賞した。

   演技賞は「松本清張二夜連続ドラマスペシャル 坂道の家」(テレビ朝日)の柄本明、「連続ドラマW グーグーだって猫である」(WOWOW)の宮沢りえが選ばれた。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中