2018年 7月 19日 (木)

サッカー・ハリル日本「若手」活躍でイラク圧倒!本田「僕もポジション争い」

印刷

   きのう11日(2015年6月)に行われたサッカー日本代表とイラク代表の「キリンチャレンジカップ2015」では日本の若い力が活躍した。ハリルホジッチ監督はこれをワールドカップ最終予選につなげていく考えだ。

   ハリルジャパンで初先発となった23歳の柴崎岳は前半5分、ロングパスから本田圭佑のシュートを導き出した。本田の動きをしっかりとつかんでいた観察力がモノを言った。

   23歳の宇佐美貴史は前半32分、得意のドリブルで3人を引きつけてスペースをつくり、フリーになっていた岡崎慎司のシュートにつないだ。見事なお膳立てだった。

   24歳の原口元気は後半39分、ロングパスからのこぼれ球に素早く反応し、ドリブルで突破してディフェンダーをかわし、ゴール左すみにシュートを決めた。

ワールド杯アジア2次予選「16日にシンガポール戦」

   槙野智章のゴールもふくめて日本は4-0で圧勝した。本田は「若い選手がどんどん出てきて戦力が高まっている証拠です。僕自身も自分のポジションで結果を出して、いい競争をしたい」と語った。

融合がすごい

   司会の加藤浩次「ベテランとの融合がすごい。縦につないでゴールに一番近いところへ行くハリルホジッチ監督のサッカーを、このぐらいの選手だと短期間の練習でできるのですね」

   ハリルホジッチ監督は「もっとできる」と、さらに猛練習を課す方針だという。ワールド杯のアジア2次予選は16日、埼玉スタジアムのシンガポール戦で始まる。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中