カントリー・ガールズ、島村嬉唄が脱退 うすた京介らファン悲痛「ありがとう、うたちゃん」

印刷

   ハロー!プロジェクトは6月12日(2015年)、アイドルグループ「カントリー・ガールズ」のメンバー・島村嬉唄(うた 14)が同グループを脱退すると公式サイトで発表した。島村は14年11月に加入し、15年3月のデビューシングル「愛おしくってごめんね/恋泥棒」でセンターを務めたばかりだった。

   発表によると、その理由は島村の家族と事務所の間にあった「埋めることができない隔たり」。家族から「辞めたい」という申し出があり、途中解約に至ったという。

   同グループのプレイングマネージャーで元「Berryz工房」の嗣永桃子(23)も12日にブログを更新、島村の脱退を伝えた後、「正直、まだ現実が受け止められず寂しく悔しい気持ちでいっぱいです」と感想を記している。

   ファンも悲しみの声を寄せた。書評家、評論家の大森望(54)は12日、「島村嬉唄、そして伝説へ......。 ありがとう、うたちゃん」とツイート、「ピューっと吹く!ジャガー」などの作品で知られる漫画家・うすた京介(41)も13日、「ほんの短い間でも島村嬉唄ちゃんという存在が世に出て来て僕らを癒してくれた事に感謝しながら僕は寝るです...」とツイートし、脱退を惜しんだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中