警戒レベル引き上げ「浅間山」登山客10分の1、ふもと軽井沢はいつも通りの観光客

印刷

   浅間山は噴火警戒レベルが1から2に引き上げられ、きのう14日(2015年6月)は小諸市の登山口に警戒の職員が立ち、注意を呼びかける看板も設置されるなど緊張感が高まっている。

   これまで火口から半径500メートル以内だった立入禁止区域が2キロ以内に拡大された。火口から3キロ付近にいた埼玉県の登山者の男性は「ダメならさっさと引き返す。登山者は少ないですね」。ヘルメット持参の登山者もいた。仙台から来た18人グループは「ちょっと不安だけど行きたい」「初めて来ました。上はよかった」と話す。今はツツジやシャクナゲの時季だが、鑑賞の人出は少ない。

小諸市はヘルメット無料貸し出し

tv_20150615120738.jpg

   火口から2・3キロにある火山館には120人収容のシェルターがあり、万が一の時に備えている。御嶽山の噴火を教訓に、小諸市はヘルメットを無料で貸し出し、防災無線で注意喚起のアナウンスをつづけている。

   山岳ガイドの近藤明さんは「休む時間を短めにして、危険地帯をすっと抜けるようにしています。何かあったらザックを頭にと話しています。登山者は2週間前の10分の1ぐらいかな」

   火口から4キロにある浅間火山博物館は「林間学校など小中学校の団体さんがキャンセルしています」と話している。火口から10キロの軽井沢町の店員は「きょう(14日)は午後から人が出ている」という。観光客の女性は「2キロ以上離れているので、別に・・・」

「火山灰が心配」群馬・嬬恋村キャベツ農家

   間もなくキャベツが出荷時期となる群馬県嬬恋村では、「風向き次第で火山灰やられるのでは」と不安が広がる。

   警戒レベルは地震の回数や山体の盛りあがり方を示す傾斜変化などで決めるが、今回は09年以来5年ぶりの引き上げだ。地震と傾斜変化は24時間、火山ガスは1日1回計測される。

   司会の加藤浩次「浅間山はそうしたデータが出るから分かりますが、設備のない火山もかなりあります」

   宮崎哲弥(評論家)「そもそも火山学者は地震学者に比べて少ないんですよ。火山大国なのですから体制を整えていく必要があります」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中