飼い主に意地悪する人嫌い!京都大学でワンちゃん実験・・・犬にも好悪感情はっきり

印刷

   小松靖アナ「あの京都大学が実験で証明しました」

   犬は3日飼えば恩を忘れないと言われるが、京都大学が行った実験で「大好きな飼い主さんに意地悪をする人間をワンちゃんは嫌う」(藤田和生・京都大学大学院教授)ことがわかったそうだ。

嫌いな人からのエサ食べない

   実験では箱のフタが開かずに困った飼い主が、左右の人にフタを開けてくれるよう頼む。一人は顔を背けるなどして協力せず、もう一人はフタを開けてあげる。この一連の様子を犬に見せたあと、2人が同時にエサを差し出しどちらのエサを食べるかを調べた。18匹の犬で各4回実験したところ、2匹が4回とも、9匹は3回、意地悪をした人のエサを食べなかった。

   藤田教授「自分の利益に全然関係ないところで感情的な応答をするんです。(霊長類以外で)そういう動物が見つかったのは犬がはじめて」

   「モーニングバード!」でも似たような実験を行ったところ、意地悪した人のエサを食べた犬は12匹中7匹に上ったという。これは実験失敗なのか。

   藤田教授「飼い主さんと親しげに話をしてる人が演技をするとか、細かなところで重要なポイントがあったのかもしれないですね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中