生まれ月でかかりやすい病気!1月「高血圧」、2月「肺がん」・・・米コロンビア大発表

印刷

   アメリカのコロンビア大学が「生まれた月によってかかりやすい病気がわかった」と発表した。冗談でもなんでもなく、医学誌に発表された真面目な研究結果だという。

   1985~2013年までの28年間に病院で受診した170万人の患者データ、1688種類の病気と誕生月の相関関係をコンピューターではじき出した。そもそも誕生月に意味があるのかどうか。しかし結果は出た。55の病気が生まれ月に大きく関係していた。

5月生まれは「もっとも病気にかかりにくい」

   生まれ月によってかかりやすい病気は以下の通りだ。

私は5月生まれ
1月 高血圧、心筋症
2月 悪性肺腫瘍
3月 心房細動、うっ血性心不全、悪性前立腺腫瘍
4月 狭心症、血管合併症、心筋虚血症
5月 もっとも病気にかかりにくい
6月 心筋梗塞前症候群
7~8月 なし
9月 嘔吐
10月 急性上気道炎、虫さされ、性病
11月 ウイルス感染症、急性細気管支炎
12月 打撲傷

   嘔吐、虫さされ、性病、打撲が月に関係するとはとても思えないのだが、5月生まれは最も病気にかかりにくい。逆に最も病気にかかりやすいのが10月生まれと出た。5月生まれの司会の小倉智昭が「よしっ」とガッツポーズ。

生まれた季節によって幼児期の成長に違い

   この研究では、生まれた月の環境の違いが幼児期の成長に大きな影響を与えていると見ている。季節によって食べられる果物(ビタミン)が違う、湿気の違いでホコリの発生量も異なるなどだ。

   キャスターの菊川怜は2月生まれ、梅津弥英子は1月生まれというフリップを取り出したが、ニュースデスクの笠井信輔は「日本人には当てはまらないかも」という。分析した170万人の患者はすべてニューヨークの病院での受診者だからだ。ニューヨークの気候に当てはめる必要があるという。

   「なあんだ」とにわかにみな気が楽になっていろんなことをいい出す。小倉は「10月生まれはショックでしょうね。病気にかかりやすいうえに性病ですよ。わたしは隠してたんですが、本当はニューヨーク生まれなんです」(爆笑)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中