韓国でMERS隔離の日本人2人「陰性」で帰国!日本保健当局も発熱ないこと確認

印刷

   韓国で広がるMERS(中東呼吸器症候群)は死亡16人、感染者150人に増え、隔離も5200人を超えた。3100人余りは隔離解除となり、日本人も2人がいたがすでに帰国した。

   チョン・ギョンファン首相代行はきのう15日(2015年6月)、「ウイルスの国内流入の初期段階で保健当局の対応・管理が不十分だった」と認めた。朴槿恵大統領も同じような発言をしている。

ソウル在住日本人「帰国する人増えてる」

   保健福祉省は感染者と接触した人の中に外国人が20~30人おり、日本人の2人は韓国在住者で自宅隔離だった。他の在住日本人もショックを隠せない。「びっくりした」「どうしたらいいか。手洗いとうがいくらいしかできない」「帰国する人も増えてる」という。

病院行かないで

   おととい初めて死者が出た南部の釜山では、ある患者が発症するまでに病院を転々として700人以上と接触した疑いも出ている。典型的な「ホスピタルショッピング」というやつだ。釜山港からは福岡への定期便があり、年間40万人が利用する。乗船客も「恐いですよね」という。博多港へ着くと検疫のほかに、MERSに対する特別な注意事項などを聞くが、発熱していないかサーモグラフィでチェックする他は自己申告頼りだ。

チェックすり抜けて帰国・入国ないか!?

   日本人2人は10日に日本に帰国した。隔離対象者の出国は認められていないが、一部報道では、2人は韓国政府の許可を得ていない可能性があるという。日本の保健当局は2人が発熱などがないことを確認したが、さらに毎日体温を検疫所へ連絡し、発熱などがあっても病院へは行かず、検疫所の指示を仰ぐなどが求められてる。

   司会の小倉智昭「症状が出たときでもすぐに病院へは行かないでくださいと盛んに言ってますね。潜伏期間が2週間といっても、どこから数えるのか、誰に接触したのかで違ってくるわけですよ」

   中江有里(タレント)「韓国は封じ込めに失敗したといっていいんでしょうね。入ってくるのが恐いですよ」

   安田洋祐(経済学者)「09年の新型インフルエンザの水際作戦では、あとになって実は入っていたということがわかった。今回も入っているという前提で考えていいんじゃないですか」

   キャスターの梅津弥英子「怖がりすぎてもいけないんですが、備えはしておかないと」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中