「伊勢丹」元女性従業員「あなただけの特別優遇」次々だまし数億円詐欺

印刷

   大手百貨店「伊勢丹」の特別の優遇キャンペーンがあると架空の話を持ちかけ、現金300万円をだまし取ったとして元従業員の女性が詐欺の疑いできのう15日(2015年6月)に逮捕された。このほかに被害者は数十人とみられ総額数億円に上る可能性がある。

夫の自殺も幇助?

   逮捕されたのは埼玉県所沢市の森田弘子容疑者(51)で、知人を通して知り合った男性に「伊勢丹の社員です。1口100万円で半年ごとに商品券を4万円分もらえます。元本保証です」ともちかけ、300万円をだまし取った疑いだ。所沢市内の50、60代の男女がだまされたとみられている。森田は「全額返すつもりだった」と詐欺を否認している。

信用しちゃう

   森田は20年ほど前まで伊勢丹新宿店に勤務しており、「表に出ていないキャンペーンです。特別な制度です」などと手書きのパンフレットを見せて信用させていた。夫も三越伊勢丹の社員だったので、夫の名刺も利用していた。

   その夫は今年4月(2015年)に所沢市の路上で、乗用車の中で炭に火をつけ一酸化炭素中毒で自殺した。森田は炭やライターを一緒に購入しており、自殺ほう助の疑いで5月に逮捕された。「自分はかかわっていない。炭はバーベキュー用に購入したと思っていた」と否認している。夫の保険金約3000万円を受け取ったといわれている。

高級エステや美容整形通い

   森田は金の一部を高級エステや美容整形に使っていたという。近所の人は「ふつうの感じ」「気さくで明るい」「人当たりがいい」と話す。

   司会の加藤浩次「やっぱり信用してしまうんでしょうかね」

   五百田龍達成(作家・心理カウンセラー)「あなただけの特別なんです、他の人には言っていませんなどといわれると、つい信じてしまいますね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中