「約束がまったく違う!」フィリピン女性職員20人、こき使った介護会社提訴

印刷

   介護施設で過酷な強制労働をさせられたとフィリピン女性10人が日本の会社を訴えた。女性たちは来日前の約束になかった夜勤をさせられ、賃金もカットされたとして、大阪・東大阪市に拠点がある介護会社「寿寿」を相手取って1人200万円の慰謝料と未払い賃金の支払いを求めている。

   「スッキリ!!」が4人に話を聞いた。

月13回の夜勤、休憩なし、家賃・渡航費天引きされ給料2万円台

   女性たちは1990年代に来日し日本人男性との間に子どもがいる。いったんはフィリピンに戻ったが、09年に「寿寿」の関連団体から「日本で働けば子どもが日本国籍をとるのに協力する」と言われ、子どもとともに来日した。高齢者の面倒をみる仕事で、勤務は朝から夕方まで、週休2日、給料は手取りで12万円と聞かされたという。

知らされないまま

   ところが、実際の勤務は、夜勤を月10回から13回強要され20人の高齢者を1人で受け持ち、休憩はほとんどとれなかった。毎月の給料からワンルームマンションの家賃3万円、渡航のために借金2万円、積立金1万円などを引かれ、手取りは6万円前後で、なかには2万円台の月もあった。子どもの国籍取得には動いてもらえなかったと主張している。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中