血液1滴3分でがん診断!親子2人の会社が開発した画期的技術

印刷

   小さなチップに血液を1滴垂らすだけで3分程度でがんの有無が診断できるという画期的な診断法を、神戸の医療機器会社「マイテック」が開発した。費用も従来の検査の10分の1ほどだという。

「大企業に負けない。1年後に実用化目指します」

   仕組みは、特殊な金属チップが血液中のがん関連物質だけを吸着し、そのチップに特殊な光をあてるとがん物質が光り判別できる。光ればがんを発症しており、光らなければ大丈夫というわけだ。現在、胃がん、すいぞうがん、大腸がん、食道がんの判別に成功している。

画期的です

   司会の羽鳥慎一「いやあ、画期的ですね」

   マイテックは親子2人でやっている会社で、「親子2人でも、技術的には大きな企業に負けないものを作っていきたい。世界一小さなグローバル企業目指します」(マイテックの長谷川克之さん)

   日本や中国で特許取得を取得し、1年後の実用化をめざしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中