ハリルホジッチ白髪1000本増えた!スター気取り滑稽な本田圭佑「空砲」7発の超ヘボ
<2018 W杯サッカー2次予選 日本×シンガポール」(NHKBS1)

印刷

   毎度毎度同じことを書かねばならない。はっきりいって本田圭佑はヘボである。帰国の度にカッコつけて空港をスターぶって歩く程の実力の持ち主ではない。自身7本もシュートを放ちながら、素人でも打たないGKの真正面だったり、フリーキックはバーにぶつかる。これで一流か。154位という格下相手にアップアップしながら攻めても、全部がカラぶりである。ハリルホジッチ監督の肩を竦めたりブンむくれたりする顔のアップばかりが目立った。この2時間でハリルの血圧はあがり、白髪が1000本ぐらいは増えたのではないか。
   それにしてもシンガポールのGK、イズワン・マフムドはよくしのいだ。おかしかったのは後半戦になってもシュートを止めてばかりいる自分に感激したのか、ボールを止めるとニッコリ笑顔で大喜びする。同僚も一緒にニコニコ。顔がゆがんだり引きつったりしていた日本選手とは好対照で、どっちが上位チームかわからないくらいだった。つまり、負けて元々の下位チームの余裕ともいえる防御にまんまとしてやられたのである。メンタルが弱い日本人丸出し!
   先回のW杯惨敗の記憶が甦る。1つにはサポーターたちが選手を甘やかしていることも関係している。日本ではスターの本田はどこまでも神様扱い。中田英寿が今はプータローでも、いまだにチヤホヤしているのと同じ構図だ。イタリアのメディアは本田のサングラスにまでイチャモンをつけた。プロとはそれだけ厳しいのである。(放送2015年6月16日18時40分~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中