連ドラなくても海外漫遊で稼ぐ天海祐希!あちらの女性たちヨイショするだけのお気軽・・・美人は得だねえ
<天海祐希 魔法と妃と女たち ロンドン編>(BSプレミアム)

印刷

   美人は得である。天海は2012年から公金(集めた受信料!)でパリやスペインへ旅行させてもらっている。今回はイギリスのロンドンやスコットランドである。病気で舞台を突然降りたことがあったが、連ドラに呼ばれなくても局の金で海外旅行していれば十分に食ってゆける。繰り返すが美人は得である。天海はスタイルもいいし大柄なので、白人社会でも見劣りがしないから起用されるのか。
   彼女がロンドンで色々と活躍しているあちらの女性に会う。目玉は第2子を出産したばかりのキャサリン妃が、愛用しているコートのデザイナーを訪ねて、その伝統と革新性の共存したデザインの洋服を試着する。筆者が見たところ、そんなに絶賛するほどのデザインだとは全く思えないが、王室のお墨付きだから大絶賛だ。
   また、男社会の料理の世界で、「モダン・ブリティッシュ」を広めて有名になった人気女性シェフに会う。筆者の経験では、ロンドンは世界一食い物の不味い都市である。何時だったか中華街で麺類を食べたら、国籍不明の焼き豚もどきが6枚も乗っているだけで、日本円にして3000円以上もし、スープの味は超マズかった。余りに不味いものだらけなので、この人が普通の料理で当てたのでは?
   スタッフが下交渉した女たちを天海がヨイショする。安倍晋三が「女性の活躍」と旗を振るのに迎合しているだけ。作家でもある岸惠子にインタビューさせればともかく、天海のトークは平々凡々。(放送2015年6月13日19時30分~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中